ちびすけ子の巻

アクセスカウンタ

zoom RSS ヘルメットの空気抵抗を考えよう!

<<   作成日時 : 2014/06/08 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6月8日(日曜)
エントリー受付開始から数時間で即効完売したプラチナチケット?の新潟シティライドに参加した

今回は気楽な御一人さまなので、最後尾からスタートしてのんびり走ろうと思っていた
昨年の難解コースから幾分か改善されてるようで少しはわかり易そうなコース設定
それと角田浜からのシーサイドラインは自転車で初めて乗るので景色とかが楽しみだ

5:57受付とスタート会場である新潟市陸上競技場に到着
画像

すでに沢山の人が受付を済ませウエアにゼッケンを付けたり出走の準備をしていた
今年は競技場敷地内に駐車できないので、昨年と同じ駐車場にサポートカーをデポった

7:05準備を済ませ再び会場到着
画像

すでに開会式は始まっていたが、端っこで一人ボ〜と佇んでいた

7:15司会者がスペシャルゲストの紹介と言ったので、これは絶対「Negicco」が来たんだ!
と心高鳴ったが…世の中は厳しいのでござる…ゲストのタンデムレーサーの方々この失礼お許しを

7:30篠田市長がスターターでロングコース出走開始
画像

10〜20台づつ1分間隔で出発していく

8:02自分は予定通りロング最終組最後尾でスタートした
自分の後ろにスタッフっぽいような方が3名ほど出走したのだがすぐにいなくなった
てっきり最後尾の伴走スタッフだと思ったのだが自分の後ろには誰もいない

やすらぎ堤を長い自転車御一行の列が行く
画像

散歩やジュギングを楽しむ一般の方に迷惑にならないよう気を使うが、団体とういうだけで傍から見ると迷惑な存在だと思う、だから必要以上に行動を自制しなければならないのだがやや浮かれているのもいる

関屋から海岸線に出ると速い人は追い越しを始め列が散れてきた
自分は最後尾を決め込んで相変わらずのんびり走行
しばらくするとご年配の男性が遅れ始め自分の前まで下がってきた
声を掛けると72歳だというその方は、ウォーキングの愛好家でいろんな土地を歩いてきて体力に自信はあったようだが、どうも自転車は勝手が違うとのこと
しかし自転車で四国しまなみ海道をサイクリングした経験があるとのことだから上級者さんか?
そのしまなみ海道のことを手記にまとめ知人に見せたら、その知人の方も自転車に興味を持ち早速自転車を購入し始められたことなど話されていた

9:17給水ポイントの越前浜海水浴場に到着
画像

だいぶ時間は掛かったがゆっくりモードのお陰でHPは温存できた
給水以外何もないんでさっさとここを後にした
この給水場ではまだ休憩している参加者がいたので最後尾からは卒業した模様

ご一緒いただいたご尊老の方とは角田浜でお別れし、唯一の登りがあるシーサイドラインに突入した
キツイ登りはないのだが、細かなトンネルが何本かあるので走行に気を使う
前を行く参加者がライトを点灯させていなかったため、スタッフさんに注意されていた

強い日差しと気温も上がってきてHPは極度に減少、次のオアシスまでたどり着けるか?

9:52いわむろやエイドにちょっと疲れ気味で到着
画像

まだ沢山の参加者が休憩している、補給食の引き替えも長い列ができている
券と引き替えで「岩室三昧」をゲット、笹に包まれたおこわ団子・温泉饅頭・豆乳プリンの豪華三点セットだ
テイクアウトできそうもないトロトロの豆乳プリンとおこわ団子を食べて饅頭はお土産だ?
とても美味しい甘味でHPも回復!バテ防止のため早々にテイクオフした

ペースの合う人達にドラフティングしながら白根へ向け巡航

中之口川を渡り白根コメリ配送センター近くの交差点付近で
30代後半〜40代前半位のお父さん3名グループでこんな会話が…
Aさん「Bさん、ヘルメット前後逆に被っているけど空気抵抗とか意識してワザと逆さに被ってんの?」
Bさん「へっ?」
Aさん「OGKカブトのマークが後ろになってるよ」
Bさん「え、このヘルメット前後が逆だったの?マジ〜」
Cさん「ぷっ!アハハハ」
一同「大爆笑!」
平然とヘルメットの前と後を逆さに装着していたBさん、失礼ながら自分も大爆笑してしまった
あなたは今大会のMVオモローに決定!写真を撮らせてもらえば良かったわ

白根小須戸間は爽やかな20代後半かなってカップルに引いてもらう
男性は手信号や自転車操作も的確で、その前を走る彼女がやたら速い
やっとのことでついていき、信濃川を渡る手前までお世話になった、ありがとう!

11:10うららこすどエイドに到着
大勢の参加者が食事をしている、補給食を超えている完璧な昼食なのだ
メニューはカツカレーライス・野菜サラダ・笹団子・バナナ
画像

カツが2枚ものってるとですよ!これに牛乳が付いたらフルコースですな
カレーライスの大盛りを求めるツワモノもいたが、自分は十分過ぎて笹団子とバナナはお土産で背ポッケにイン
画像


新津方面に向けスタート
信号待ちで止まっていると後の人が自分の背中ポッケを見て補給食がいっぱい入っていますねと笑われた
自分は非常に満腹であなたの前を走るのはムリだと言ったら、その人も満腹だと言って笑った

新津の道の駅花夢里を過ぎ向かい風がキツくなってきたし、雲も出てきた
その道の突当たった信号で後ろにいた人が引いてくれると言ってくれた
20代くらいのイケメンくんで前を入れ替わり引いてくれた
しかし彼は格段にレベルが違いとても速い、やっとこついて行ったが脚がフラフラでタチゴケした
先に行ってくれと言ったが彼は気を利かせ少し落として横越まで引いてくれた
お陰で思っていた以上に早く横越体育館の給水ポイントへ到着できた、ありがとう

12:13横越体育館は給水を済ませすぐ出発
画像

いつ雨が降ってきもおかしくない状況なので先を急ぐ

12:47ビュー福島潟エイドに到着
完全にグルメライド化してきた今大会
今度は何かなと券を差し出し「豊栄茶屋セット」をいただく、大正堂のクレープアイス(ラズベリー味をチョリス)・豆天・ニンジンジュース
濃厚なニンジンエキスを喉に流し込みクレープアイスにかぶりつく、美味い!
画像

亀田のティラミス大福に匹敵するまいう〜なローカルスイーツとの出会いだった
豆天はお土産へ、ますますポッケが膨らむ

さあ先を急ごうと福島潟放水路を東港へ向け走る
新潟競馬場付近から松浜方面へ行く途中にポツポツきた
ここら辺のコースがよく解からないので前の人たちについて行くしかなかった
阿賀野川を渡り新潟空港方面へ進み、下山スポーツセンターはゼッケン確認だけしてほぼスルー
ここから市街地で信号も多く好きじゃない
河渡、山の下、港トンネル(トンネルも狭いから嫌い)を通り信濃川沿いに戻ってきた
最後にガン漕ぎする人達もチラホラいるけど
レースじゃないんだから静かに最後の余韻を楽しむように走ればいいと思うのだが・・・

14:20小雨の中ゴール
ちびっ子スタッフより完走証の授与、ありがとさん
画像

しかし、歩哨フタッフさんがほとんどいなかったので2~3箇所でコースアウトしそうな所があった
まあ何より無事ゴールできたので有難い、随所でめぐり会った皆さんのおかげだ

自分も集団走行をもっと勉強しなければならないと思ったし
考えさせられる参加者もいた
手信号を全くしない人
信号で止まるときトークリップをハズさないで何かにつかまる
交通量の多いところでガン漕ぎ、追い越し
信号待ちでタチゴケした自分、大反省だ!
万が一があったら車のドライバーに申し訳がたたない

大変失礼しました
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ジオターゲティング
ヘルメットの空気抵抗を考えよう! ちびすけ子の巻/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる