ちびすけ子の巻

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜の美しさは言葉でどう表現したらいいのか

<<   作成日時 : 2014/04/13 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

桜の開花は、同じ地区でも山沿いと平地ではかなり違う
距離にしてたった1キロ違うだけなのに花が開く開かないの差がでるなんて不思議なもんだ
そもそも桜は四季のメリハリがある日本の季候にあっているらしい
秋冬の一定期間低温にさらされることが重要らしく、それがゆえ淡い美しさの中に何か切ない儚さを醸し出してくれるのか?
画像


昔からのソフト仲間と花見だけは毎年やっていたのだが
近年は休日の天候不良や皆の都合がつかずに数年ご無沙汰していた
今年は3月下旬から一気に暖かくなりお花見気分も盛り上がって久しぶりに集合できた
かつては3月になるとクラブの練習が始まり、シーズンインの景気付けで花見をするのが恒例
クラブは休止中だが、桜の開花ばかり気にしてウキウキしていた頃の気持ちは復活した

冬眠を終え集まるきっかけがほしい中、絶好の機会である「お花見」
宴会はもっぱら外、寒くても外(花見だから当然だな)
とにかく金をかけずに手間かけて、うまいもんこしらえて酒を飲んだものだ
花見ばかりでなく飲み会は基本セルフ&アウトドアで、飲食店には行かない(正確には金が無いから行けなかった・・)
現在のアウトドアブームに早くから乗っていたのだ?

ただ、花見でのバーベキュー煙モクモクはNGだと思う
桜という尊い花を見るには、あの煙も焼き肉のニオイも全く相応しくない
つつましく折りでも囲み花を眺めながら春到来を実感しグイっとするのが花見の流儀だと思っていた
が、ある時から炭を焚く輩が出始め、年々老いも若きも誰もがジュージューやり始めていった
結局俺らも流されていった・・・
しかし、やるとなったら一生懸命趣向を凝らすのがサンスポ魂
バーベキューコンロは工場のヤツがドラム缶をぶった切り自作した、でそれが大変よくできていて重宝した
でっかくて厚い鉄板やプロパンなんかもあって屋台やっていける?くらいだった
道具関係とかはそれぞれがこだわったマニアックなもの持ってきて楽しかった
人数も家族ぐるみだから20〜30人くらいには軽くなってしまう、時代はバブリ〜でイケイケ〜ポーッ!

その後、それぞれに子供ができて家の用事も増え、時代の流れと共に年々メンバーが少なくなっていった
子供に手が掛らなくなってきても、それぞれライフスタイルの変化や趣味嗜好のうつり変わりで昔のようにはならない
今年もT家は二男の野球、H家も二男のサッカーということで不参加、まあそれは仕方が無い
やろうっていうヤツがいるかぎりやりましょう

前日に場所チェックに出かけた
花の開き具合(これ重要)、陽あたり状況、風の動きかた(寒いし火が消える)、他施設状況などをチェック
画像


山沿いの桜はまだダメだったので、平場のエイティサウザント公園に決めた
すでに翌日の場所取りシートが敷いてあった
画像


当日朝7時、場所確保に行ったら昨日より多くのブルーシートがあちらこちら・・
さすがこういうのだけは早いヤツがいる(俺らも同じ)
前日見定めていた場所にもシートが敷かれ取られていた
別の場所をキープし大道具を置いて食材を調達するためスーパーへ向かう

朝8時、食材を購入、今は24時間営業のスーパーがあって便利だ

朝9時30分 お花見開始、すでに花よりダンゴで朝飯兼用、人数が少ないので大げさな調理はしない
エポンの焼き肉グリル、鉄鋳物の穴あきプレートにステンレスの本体枠だパーフェクト(20年以上前の傑作品)
池永鉄工のオイルプレートでホタテのバター焼きやポテト玉ねぎなど野菜を焼く
今回の目玉はカレー炒飯と湯どうふ(湯どうふは寒いと思って用意したが気温が高くなり結果不評)
カレーのスパイシーな香りが周囲に拡散してかなり注目されてしまった(特にちびっ子達が熱い視線)
画像


前日は青空だったが風もあって肌寒かった(石油ストーブを持ちこんで宴会してた団体がいた)
今日は風もなく気温がドンドン上昇し防寒対策など全くの不要でズバリ暑い(ももひきが追い打ちをかけた)
それでも、熱燗用にヤカンと酒タンポを持っていったので意地でも燗した酒を飲んだ

お花見の人出も最高潮のころ
出足を早く、引き足を早く、逃げ足も速くで14時に終了
こういうのはダラダラしない、さっさと後かたずけして好い余韻を残し帰ろう

今日集まったメンバーもいろいろあるだろうが、みんな屈託のない笑顔だった
そんな時にヤボな話しはしない、馬鹿話しでいいのだ
一部の桜も散り始め、それに合わせ皆もそれぞれの帰路についたのだった
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ジオターゲティング
桜の美しさは言葉でどう表現したらいいのか ちびすけ子の巻/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる